鉢バラが開花・2020年春の1番花・早めに摘んで部屋に飾る

昨年春は引越しのため、鉢バラは花を諦め、枝を切り詰めて移動に注力。集合住宅のベランダから、山麓の中古の庭で育てることに。

庭は有難いけど水捌けが悪かったため改修、地植えスペースは諦めました。コンクリ打設した屋外土間をバラ用に確保、今後も鉢栽培です。

うっかり良い新芽を痛めたり、恐る恐る追肥したり、虫予防をしたり。なんとか蕾が育ち、どうにか開花を迎えました。春の開花を見るのは2年ぶりです。

今年の1番花

真っ先に咲いたのは、まさかの「オルラヤ」。ダメもとで、プランターで種から育てていたもの。弱そうな感じだったのに、あっという間にバラを追い抜いて開花。

オルラヤ

バラの開花1番乗りは「ゴールデンボーダー」でした。輝くような黄色、清涼感のある芳香です。花の大きさは約6cmくらい。

ゴールデンボーダーとセプタードアイル

翌日には「セプタードアイル」が開花。優しめのピンク色、癖になる甘い香り。花の大きさは約10cm。写真は2個目の花です。1個目の花はコガネムシに食べられて穴だらけに。

翌々日以降には他のバラ達も一斉に開花しました。

「アブラハムダービー」元株。ピンクや黄色を帯びたオレンジ系。フルーツ香が漂います。

アブラハムダービー

花の大きさは約12cm。蕾を半分ほどに減らしたためか、それぞれ大きく咲きました。

「ラレーヌビクトリア」まっすぐ伸びた枝先に濃いピンクの花。化粧品のような芳香です。

ラレーヌビクトリア

こちらも蕾の数を半分に減らしました。花の大きさは5cmくらい、コロンと丸くて可愛い。

「パシュミナ」挿し木苗。花の外側はオフ白、内側は薄ピンク。香りは殆どありません。

パシュミナ

6鉢が一斉に咲きだして賑やかに。花の大きさは約4~6cm、房咲きになります。写真を撮った翌日は大雨の予報、あわてて軒下に避難させました。

「ピンクパンサー」挿し木苗。こちらも軒下に避難、無事に開花。鮮やかなサーモンピンクです。

ピンクパンサー

甘めの紅茶のような香り。蕾を減らした効果か、花の大きさは8cmを超えました。

早めに摘んで飾る

鉢で咲かせたまま楽しむ花を少し残したら、あとの花は開きかけたら摘みます。開花から約2週間、次々摘んで飾ります。手間は掛かるけど、楽しい。

花は早めに摘む

花をつけたままだと株を消耗させてしまうので「早めの切り戻し」のつもりで摘みます。

ウチの鉢バラの「摘み時」は、ガクが反り返って、蕾の先が開き始めた頃。この状態だと、花の内側がほぼ無傷なので、花瓶に活けた後も綺麗な状態が長持ちします。

道具を準備

  • 剪定鋏
  • 手袋
  • ボウル(洗面器でも)
  • 新聞紙、ゴミ袋
  • ガムテープ(虫を捕獲)
  • 工作鋏(1本を切花用にしている)
  • 切花液
  • 花瓶(ウチは小さめの物を使用)
  • プラスチックのコップ

花茎にもトゲがあるので手袋をして作業。「摘む」というより、剪定鋏で「切る」が正しいかも。

虫を払う

虫予防はしていても、屋外で育てている以上、やっぱり虫は付きます。花を傷めない程度に、軽く振って虫を落とします。…コガネムシもいた。花びらを食べていた様子。

花には虫がいる

痛んだ花は諦め、状態の良い花を飾ることにします。

水切り、水揚げ、切花液、花瓶

ウチのバラは花茎が短いうえに、花が開くと結構な大きさになるので、すごく頭でっかちに。なので、小型で倒れにくい瓶や花器を利用。花器には、予め希釈しておいた切花液を入れておきます。

あり合わせの器に活ける

花瓶に収まるよう、葉は工作バサミで全部切り落とします。そして水を張ったボウルで水切り。予備の器の水(切花液入り)に挿し、水揚げ。

つかの間の賑わい

小さい瓶に挿した花は、小型の多肉植物やフェイクグリーンと並べたり。

小振りの瓶に飾る

器が足りず、プラスチックのコップも動員。部屋中が色とりどりに。そして良い香り。

あり合わせの器に飾る

アレンジのセンスなんて全く無しだけど、いいのです。楽しい。

約1畳の撮影スペース・ウチのバラを撮ってみた・使える時間は短い
ウチの春バラの1番花。無事に咲いてくれて感無量。もう「記念写真」を撮るしかない。準備から片付けまで1時間以内。窓辺の光を探りながら天気の運に任せて撮りました。

成長期も楽しみ

1番花を切ったすぐ下の葉の付け根には、2番花を付ける芽が出てきています。2番花を見たら、いよいよ夏季の手入れが始まります。

ひたすら地味作業が続くのですが、それもまた楽しみなのです。

コメント