植物雑記

バラの夏越しは虫との闘い(2016-17)予防の大切さを知る

暖かくなると虫との闘いが始まります。できれば薬剤は使いたくありませんが、手に負えないときは止むを得ず薬剤を利用します。ベランダなので「安全で使いやすい」「臭いが少ない/無臭」「使い切れる量か」も気になります。
植物雑記

100円雑貨はベランダ園芸の味方・手ごろな道具を揃えてみた

ベランダでのガーデニングに必要な道具類。今使っている道具は大半が100円雑貨の園芸用品。どれも本当によくできています。植物の手入れも、ベランダの片付けも無理なくできる、手ごろな道具が見つかると嬉しいです。
植物雑記

ベランダで植物を育てる(バラ栽培を始めたきっかけ・今年の1番花)

ウチでの楽しみは植物の世話をすること。狭くて陽当りがイマイチのベランダでバラを育ててます。きっかけは頂き物のバラ。ギフトカタログの明るいピンクのバラが目に留まり、あとの世話の事も考えずに注文してしまいました。
散策メモ

桜井二見ヶ浦への行き方(福岡県糸島市)

糸島市の桜井二見ヶ浦は福岡市内から車で約1時間で行けるドライブスポット。最寄り駅から遠いため自家用車かレンタカーがおススメ。美しい海岸は「日本の渚百選」に選ばれています。夕日を楽しむのなら早めの出発を。
散策メモ

立石山への行き方(糸島市志摩芥屋)

福岡県糸島市の「立石山」は標高209mの低山ながら本格的な岩山です。空気の澄んだ晴天の日がおススメ。登山道は海辺から林道や岩稜と変化に富んでいます。展望スポットからは芥屋の大門や芥屋ビーチ、糸島北岸の景色を楽しめます。
散策メモ

初秋の相島(新宮町)レンタサイクルで島内の見どころ巡り

お昼は島カフェ「あいのしま」の「おさかなバーガー」、午後はレンタサイクルで島内の見どころ巡りへ。風弱く快晴、残暑も落ち着き絶好の散策日和。島の周回道路は約6km、徒歩では自信がなくて、観光案内所で電動自転車を借りました。
写真雑記

夏の桜井二見ヶ浦に夕日を撮りに行ってみた

以前から二見ヶ浦の夫婦岩に差し掛かる夕日を撮りたいと思っていました。その構図で撮れるのは夏至前後の僅かな期間。日没時刻と天気を確認して出発、いい雰囲気の夕景になりそうだったけど。そう簡単には撮れないものですね。
写真雑記

写真に黒くて丸いシミが写る

風景写真を撮ると画像の同じ位置に黒くて丸いシミが写るようになりました。レンズかイメージセンサーが汚れているのかも。メーカーのサイトで型番検索し、修理内容と費用(概算)を確認して修理洗浄に出しました。
散策メモ

相島への行き方(福岡県新宮町)景勝と史跡と猫の島

相島への行き方(福岡県新宮町)自然の景勝・歴史の遺構・猫の島。風の弱い日がおススメ。猫人気で休日は乗船券が売切れることがあります。猫への餌やりは禁止です。猫じゃらしで遊ぶとか、ほどよい距離感を楽しむとか。
散策メモ

姫島への行き方(糸島市志摩姫島)自然と史跡と猫の島

福岡県糸島市の【姫島】への行き方。岐志漁港から市営渡船で約16分。のんびり散策・幕末史跡と猫の島。「姫島」は糸島半島の西約4kmの玄界灘にあります。(大分県にも名前が同じ「姫島」があり時々間違われるようです)