鉢植え河津桜・花後の施肥と防虫、新枝の芽摘み

(本文中の画像は近日中に追加します)

ウチの鉢植え河津桜、9号菊鉢で育てています。今春は前年より多めに咲いて安堵。苗の購入時のメモや手持ちの書籍で世話の仕方を復習して、花後の手入れに備えます。

桜といえばソメイヨシノが身近ですが、その開花時期は3月末~4月上旬。ソメイヨシノの場合の新枝の切り戻しは、5月上旬から6月の梅雨入り前が適期とされています。

河津桜は早咲きで、開花時期は2月末~3月中旬。河津桜の新枝の切り戻しは、4月中旬から5月いっぱいが適期。ソメイヨシノより約1ヶ月早く取り掛かります。

花後の施肥と防虫

花が終わるころの3月中旬以降、施肥と防虫をします。ウチで使った肥料と薬剤は以下の通り。

  • 3月:殺虫剤入り粒状肥料「虫を予防するマグァンプD」
  • 4月:液体肥料「ハイポネックス原液」1000倍希釈を2週間おきに2回
  • 5月:置き肥「IBのチカラ」

上記に加えて、随時、活力剤とスプレー薬剤を使用。

  • 活力剤:「メネデール」100倍希釈
  • 薬剤スプレー:「カダンプラスDX」

※ 高温期のハダニ対策には水スプレーと薬剤スプレーを使います。

新枝を整理する(芽摘み)

桜など花木の手入れは「花芽がつくのを促す」「株や枝を育てる」作業です。桜の花後に伸びる新枝(新梢)を切り戻すことを「芽摘み」と呼ぶそうです。品種や育てる環境、地植え・鉢栽培・小型の盆栽などサイズにより様々な方法があります。

ウチの鉢植え河津桜は中型の9号鉢、「地植えより小さく、盆栽より大きい」という中途半端なサイズ感。苗を購入時の園芸店員さんのアドバイスは、

  • 花後に長い枝が伸びたとき、切るなら新葉を2、3枚残して切る。切ったところから次の芽が出たら葉を1枚残して切る。枝を増やしたいなら伸ばして良い。ただし翌年は花がつかない。

“枯れなければOK”と楽観的に育てていましたが、2年目に少々不安になり、王道園芸誌「NHK趣味の園芸2022年3月号」を購入。P50に記載の、鉢植えウメ・モモ・サクラの剪定手法の図解を見ると、園芸店員さんの案内と概ね同じ。…すっかり忘れていました。

新枝は適度に育ってから切る

2月中旬の満開から約3週間後の4月初め、咲き終わった花ガラを摘み終わるころ、花の房のわきや枝の先端から新枝が伸び始めます。

花ガラを除去した花の房は、2週間ほどで自然に落下します。

4月中旬ごろにかけて、新枝の付け根が適度な太さ(約3~5mm)になるまで伸ばします。新葉が5~10枚ほど付いた頃合いです。

葉を2、3枚残して切ります。葉を2、3枚残すというと、残す枝が凄く短くなって不安ですが、「葉の付け根部分(節)を2、3カ所残す(=葉が4~6枚程度残る)」でも良いと思います。

面倒でも切り口には癒合剤を塗ります。切り口が小さくて塗りにくいですが、楊枝などを使うといいかも。面倒くさがりの私は、切った後の捨てるほうの枝の切り口を使って塗ります。

切る枝と切らない枝

◆徒長枝

切る枝は、新しく伸びる徒長枝。徒長枝は凄い勢いで長く伸びるので、放置すると株姿が乱れます。適度に切り戻して鉢サイズに合った樹形を保ちます。

ただし、出た位置によっては、切らずに更新する枝として活かせます。針金をかけて向きを調整することもできます。徒長枝を活かす場合、翌年咲く花芽がつくのは枝の付け根と先端だけ。徒長枝の中間部分に翌年つくのは葉芽で、花芽は翌々年以降につきます。

◆短果枝

花の房のすぐ脇に、葉を数枚つけて2~3cmくらいしか伸びない短い新枝が出ます。これを短果枝といい、切らずに残します。花後約1ヶ月ほどで中心に数個の芽のモトができます。

2番芽を切る

5月上旬には、切り戻した枝の先の葉の付け根から新しい芽(2番芽)が出ます。5月下旬には10~20cmほどに伸びてきます。

2番芽の付け根に、葉を1枚残して切ります。葉が枝先のほうに出て付け根にない時は、付け根の少し上の節(芽の元)の上で切ります。

新枝の整理は花芽分化の前に

芽摘み後には葉の付け根に新しい芽がつきます。ついてすぐの頃の芽は、まだ葉になるか花になるか決まっていません。葉芽か花芽かに変化することを「花芽分化」と言うのだとか。

サクラ類の花芽分化は、品種を問わず6月末~9月と言われています。それに間に合うように、桜の芽摘みは6月前半までに済ませます。

河津桜は開花も新枝の手入れの時期も早めなので、適期をはずさないようにしなければ。今後も試行錯誤が続きます。

コメント