桜井二見ヶ浦に電車とバスで行ってみた

2019年7月21日より昭和バス「西の浦線」が延伸され、桜井二見ヶ浦まで路線バスで行けるようになりました。ただし、本数は1日5~6便と少ないです。

↓「西の浦線」の時刻と料金の一覧表はこちら。

昭和バスHP(西の浦線一部延伸)

夏の海

休日は渋滞するため路線バスも遅れることがあります。行かれる方は、バス時刻を確認し余裕を持ってご計画を。IC乗車券をお持ちなら、鉄道駅かバス案内所でチャージしておくと安心です。

昭和バスHP(TOPページ)(PC/モバイル)

  • 「路線バス・都市間高速バス 時刻運賃」TOPページの画像下の検索窓
  • 「路線バス時刻表」検索窓の右下のリンクから詳しい時刻表が見られます。 →「停留所名検索」「路線名検索」「地図検索」

※昭和バスのサイトが見られないときは、九州のバス時刻表 時刻と料金の両方が出て便利。出発地と到着地をキーワード窓で選択し「時刻・運賃案内」ボタンを押下。(9/2現在、二見ヶ浦など延伸された区間の料金表示なし)

休日に電車とバスで行ってみた

出来れば平日がよかったけど、時間ができたのは休日。海沿いのカフェも混んでいそうな予感。天神で早めの昼食を取り、地下鉄天神駅へ。桜井二見ヶ浦へは以下のルートで行ってみました。

地下鉄天神駅→(JR筑肥線)→JR九大学研都市駅→(昭和バス)→二見ヶ浦

さすが休日、カフェも満席、人も車も大渋滞。バスも少し遅れました。

海辺の行列

夫婦岩も天使の羽根も、写真を撮る順番待ちの列ができていました。

JR筑肥線を利用して九大学研都市駅へ

「九大学研都市(きゅうだいがっけんとし)」駅は「JR筑肥線」の駅です。

バスの起点の駅

JR筑肥線は福岡市地下鉄の空港線に相互乗入れしているので、空港線の駅ならどの駅からも乗れます。日中は15分毎に1本(1時間に4本)。

九大学研都市駅に停車するのは「筑前前原」「筑前深江」「唐津」「西唐津」行きです。

  • 【福岡空港】→【九大学研都市】560円、約37分
  • 【博多】 →【九大学研都市】 530円、約31分
  • 【天神】 →【九大学研都市】 530円、約25分

JR九大学研都市駅で下車し、昭和バスに乗り換えます。バス乗り場は駅の北口にあります。

駅の案内板

 JR九大学研都市駅から昭和バスを利用

北口正面は「バス降車場」。左側に「バスのりば」と「SKIP昭和バス案内所」があります。バスに乗る前に、バス案内所で「交通系ICカードへのチャージ」「乗車券の購入」を。乗降がスムーズに出来ると安心です。バス乗り場は2つ。

バス乗り場

【1番のりば】は「周船寺経由九大」行き。

【2番のりば】は「西の浦」行きと「横浜西経由九大」行き。

昭和バス「西の浦線」を利用

乗り換え無しで二見ヶ浦へ行くなら【2番のりば】。

【九大学研都市駅】→【二見ヶ浦(夫婦岩前)】 720円、約30~35分

休日の場合、往路は約2時間おきに6便。復路も約2時間おきで5便です。「西の浦線」は、海釣り公園付近の海岸線沿いを通ります。車窓から見える海辺の風景はとてもきれいです。

海辺のバス停

二見ヶ浦で降りてもいいし、カフェの前のバス停で降りても。海岸沿いには、歩いて行ける範囲に素敵なお店が点在。帰りのバスまで時間があるので、海辺でのんびり過ごせます。

昭和バス「九州大学線」伊都(営)経由「西の浦線」を利用

伊都営業所で1回乗り換えして行くなら【1番のりば】。

【九大学研都市駅】→【伊都営業所】 250円、約30分。

(乗り換えの待ち時間:約10~30分くらい)

【伊都営業所】→【二見ヶ浦(夫婦岩前)】 350円、約10分。

料金の合計は600円、所要時間の合計は約50~70分

料金だけ見ると、前項の「西の浦線」利用時よりも安いです。しかし、所要時間の合計は西の浦線の約2倍かかります。そして注意すべきは乗り換えの接続と待ち時間。伊都営業所経由で二見ヶ浦へ行く場合、乗り換えの待ち時間は、約10~30分。

伊都営業所バス停には、屋根とベンチはありますが、自販機やトイレはありません。

バス停3

伊都営業所を利用する場合は、バスに乗る前の「鉄道駅または二見ヶ浦の諸施設」で、水分補給とトイレを済ませておきましょう。

昭和バスの九州大学線は、九大学研都市駅→九州大学伊都キャンパス→伊都営業所に至る路線です。沿線は長閑な田園地帯です。

帰りは状況次第で伊都営業所経由のルートも

二見ヶ浦からの帰りは、普通に「西の浦線」が分かりやすいと思います。

タイミングによっては、逆方向の「伊都営業所」行きのバスを利用して「九州大学線」に乗り継いでもいいと思います。ただし、乗り換え待ち時間が厳しい場合もあるので、その都度ご確認を。

また、「伊都営業所」から前原方面へ向かうのもアリ。「野北線」で、井牟田(伊牟田)や野北を経由して、筑前前原駅に行くこともできます。

乗り換えたり、途中下車したり、歩いたり?

目的地や滞在時間、移動時間を楽しみたいという“元気な方”は、どうだろう?

例えば、筑前前原駅から昭和バス「野北線」の「井牟田(伊牟田)」バス停で下車。伊牟田交差点から北へ約500m歩くと、【つまんでご卵】バス停。

バス停4

この辺りには、カフェやスイーツ店、産直品とお食事のお店があります。ひと休みして、「つまんでご卵」バス停から再度「西の浦線」に乗車して、二見ヶ浦や西の浦方面へ行くのもアリかと。

桜井二見ヶ浦に電車とバスで行くときの注意点

休日は渋滞でバスが遅れることもあります。天気が良い平日がおススメ。

交通費は余裕をもって準備されることをお勧めします。急な悪天候や事故等でバスや電車が不通の場合、交通手段はタクシーになります。

タクシー利用時はご予約を

タクシー会社は、今宿~九大学研都市~筑前前原など鉄道駅の沿線に数社あります。

一般道を流す車両はあまり見かけません。あらかじめタクシー会社の連絡先を調べて予約するか、利用した鉄道駅などで確保するとよいでしょう。

JR筑肥線は悪天候に弱い

JR筑肥線の電車は便数も比較的多くて使いやすいです。しかし、沿線の地形のせいか強風や大雨に弱く、悪天候時はよく遅延します。

昭和バスは便数少な目で路線が分かりにくいかも

直通のバスの便数が少ないです。時刻をしっかり調べて、時間に余裕をもってお出かけを。平日・休日・時間帯によって、乗り換え待ち時間が十数分~約二時間。慣れない人には路線のルートも分かりにくいかも。接続や経由地をよ~く確かめてご利用を。

コメント