桜井二見ヶ浦に直行バスで行ってみた(2022年9月)

2022年7月21日、昭和バスの高速バス新路線「ウエストコーストライナー」が新設され、博多・天神から桜井二見ヶ浦まで乗り換え無しで行けるようになりました。

行き方の選択肢が増えた

桜井二見ヶ浦に公共交通機関で行く場合、福岡市地下鉄/JR筑肥線+昭和バスを乗り継ぎます。

【博多・天神】→【JR九大学研都市駅】→【二見ヶ浦(夫婦岩前)】1260円、約70~120分。

「ウエストコーストライナー」ができて、桜井二見ヶ浦への行き方の選択肢が増えました。

【博多バスターミナル】→【二見ヶ浦(夫婦岩前)】1150円、約70分(※往復設定は無し)。

運行ルートは「いと・しま号」の高速区間と「西の浦線」の海岸区間を組み合わせたような印象です。到着までの間、福岡市の市街地と北崎~西の浦付近の海岸線の景色も楽しめます。

昭和バスHP

TOPページ下の【トピックス】→【観光コース】ウエストコーストライナーの運行について

※ウエストコーストライナーの出発バス停・到着バス停には、乗降制限があります。詳しくは、上記の昭和バスHP内の記事でご確認を。

ウエストコーストライナーで桜井二見ヶ浦へ行ってみた

2022年9月中旬の平日。博多バスターミナルから「ウエストコーストライナー」に乗って、桜井二見ヶ浦に行ってみました。

博多バスターミナルからの往路

往路の乗り場は【博多バスターミナル3階・32番のりば】。

博多バスターミナル3階

往路で乗車できるバス停は、博多バスターミナル・祇園町・博多五町・中洲・天神四丁目・天神三丁目。(※ 天神三丁目は二見ヶ浦行きのみ停車)

博多バスターミナルを出ると、大博通りへ。福博の街並みを車窓から眺められます。天神三丁目に停車後は、天神北ランプから高速道路に入ります。荒津大橋、博多湾の島々、福岡タワー、室見川河口など、臨海部の景色を堪能。高い位置を走るため大変眺めが良いです。

今宿ICで一般道に下り、九州大学の手前から今津干潟の西側を通って、最初の降車バス停・今津運動公園前に至ります。その後は博多湾西側の小田浜海岸~西の浦の美しい海岸線を走り、人気のお店や施設前のバス停に、降車のみで停車していきます。

到着した【二見ヶ浦(夫婦岩前)】バス停。伊都営業所方面です。

二見ヶ浦(夫婦岩前)バス停(伊都営業所方面)

降車したバス停は山側、海岸へ行くには道路を渡ります。信号は無いので、車が途切れるまでじっくり待って横断。

夫婦岩前には記念写真の順番待ちの行列が。平日でも人気です。

桜井二見ヶ浦の夫婦岩・写真の順番待ちの列

帰りのバスまで、のんびり海沿いを散策。

桜井二見ヶ浦からの復路

復路の乗車バス停【二見ヶ浦(夫婦岩前)】は海側にあります。天神・博多(博多バスターミナル)方面です。

二見ヶ浦(夫婦岩前)バス停(博多天神方面)

復路でウエストコーストライナーに乗車できるバス停は、伊都営業所~二見ヶ浦付近~海釣公園付近~今津運動公園前までの14か所。今津運動公園前を過ぎた後は、今津干潟の東側を通り、今宿ICから高速道路に入ります。(※西の浦線の一部のバス停には停まりません。昭和バスHPで要確認。)

天神北ランプで高速道路を降りた後、天神四丁目バス停から降車のみで停まります(復路は天神三丁目には停まりません)。終点は博多バスターミナル1階、降車場に帰着します。

他路線にも乗れる割引乗車券は?

「ウエストコーストライナー」で桜井二見ヶ浦を訪れた時、帰りのバスまで2時間ほどの滞在予定。徒歩移動で二見ヶ浦~パームビーチ間の海辺の散策を楽しんだあと、一般路線のバス移動で「つまんでご卵」方面へも行ってみました。

「ウエストコーストライナー」の便とは別に、「西の浦線」も利用すると、二見ヶ浦の海岸沿い~伊牟田方面へは、バス時刻が合えば数分で移動できます。

実はその日の交通費、全行程を手持ちの交通系ICカードのチャージで支払いました。

  • 博多~二見ヶ浦:片道1150円×2=2300円
  • パームビーチ~つまんでご卵:片道220円×2=440円

総額で2740円。何かお得なプランは無かったかな?そういえば行きのバスで、運転士さんにスマホ画面を見せて降りていく方々がいたような。

おトクな乗り放題乗車券が発売されていた

帰宅後、昭和バスのサイトを確認すると、お得な割引乗車券が紹介されていました。しかも1日乗り放題(気付くの遅すぎ)。

昭和バス【糸島半島1dayフリーパス(高速バス付き)】

昭和バス【糸島半島1dayフリーパス(高速バス付き)】は、【スマホアプリmy route】内で販売されています。

詳細は、my route サイトでご確認を。アプリは各アプリストアでDLできます。

  • 料金:大人1,800円、小児900円
  • 利用できる路線:「福岡県内の一般路線(糸島コミュニティバス含む)」を1日乗り放題
  • 利用できる高速路線:「いと・しま号」「ウエストコーストライナー」の往復料金
  • 決済方法:アプリに登録したクレジットカード/トヨタウォレット
  • 使い方:乗車時の整理券を料金箱に投入し、アプリの割引券画面を乗務員に提示

このフリーパスを使えば、博多・天神~二見ヶ浦の往復料金のモトが取れた上に、「西の浦線」「九州大学線」「野北線」などの一般路線が1日乗り放題だったんですね…。

※ 高速バス料金を含まない一般路線のみ利用可能な【糸島半島1dayフリーパス/大人1000円・子供500円】もあります。

九州+下関のバス【SUNQパス(九州内3日券/4日券)バス乗り放題】

九州内を3~4日で周遊される方は、【SUNQパス(九州内3日券/4日券)バス乗り放題】が良さそうです。利用地域や日数によって料金が変わります。

詳細は、SUNQパス サイトでご確認を。

  • 北部九州+下関・3日間9000円
  • 九州全県+下関・3日間11000円
  • 九州全県+下関・4日間14000円
  • 使い方:乗車時の整理券を料金箱に投入し、紙券/スマホの割引券画面を乗務員に提示

紙券のほか、スマホサイトWEB SUNQパス(SNSのIDでログイン)でも購入できます。

また、前項で紹介したスマホアプリmy route内でも購入できます。

次回はスマホアプリの割引券を使ってみたい

世の中便利になったものですね…。せっかくお得な割引乗車券があるのだし、また糸島方面を訪れる機会に使ってみたいと思います。とりあえずmy routeをDLしてみました。

コメント