手入れが楽で段差のない庭にリフォーム・人工芝は自分達で敷いてみた

今の住まいは山の麓の中古物件。広めの庭が決め手の一つ、さすが田舎。このお庭、前住者の庭木や植栽は伐採されたものの、切り株は残されたまま。その上に真砂土を敷き詰めた状態での引き渡しでした。

手入れが楽で転倒しにくい庭に

見た目は白くてキレイな仕上がりでしたが、残った切株や根張りで転びそう。雨の後はぬかるみが酷いのも残念。今後のことも考えて庭のリフォームをすることに。

平らな庭を考えた

中高年家族は皆これから年を取る一方。手の掛かる庭は無理、転倒も怖い。段差無しの庭にしたい。それに家族の希望を取り入れることに。

  • 共通の希望:デコボコとぬかるみを無くす。
  • 両親の希望:盆栽を置きたい。
  • 夫と私の希望:掃除や手入れが簡単。

水場の周りはコンクリート打設して作業しやすく。盆栽を置く場所は砂利敷きで水はけ良く。それ以外は人工芝を張り、「見た目すっきり+手入れ楽」に。

略図

この案で業者さんに見積依頼したところ、予算オーバー…。

切株除去と埋戻し、廃材処分は必須。砂利敷き、コンクリ打設など、素人に出来ないことはプロに依頼するしかありません。節約するなら自分達で出来そうな…人工芝を敷くこと。

費用の節約を考えた

人工芝工事の費用で検索したところ「整地・防草シートなどの下地工事込みで、1㎡あたり1万円前後」という記事をよく見かけました。

ウチの「人工芝を敷きたい部分」の広さは約9m×3.2m、概ね30㎡。相場だと約30万円くらいでしょうか。人工芝部分の見積額は、人件費と砂材と防草シート込みで約20万円。相場より安く見えるのは「整地を庭全体の工事で別途行うため」とのこと。20万円…どこまで節約できるかな?

人工芝を敷く準備

最近の人工芝は色もサイズも豊富。人工芝の下には防草シートを敷いて雑草が生えにくくします。

資材

人工芝は、本物の芝と見紛うリアルな枯葉色が混ぜてあるものに。芝丈は、歩きやすさと落葉の詰まりにくさを重視して短めの20mm。防草シートは不織布状の厚手のものにしました。

資材と道具の準備

ホームセンターとネット通販を利用して資材と道具を準備。

  • 人工芝(芝丈20mm・幅1m・10m巻)×3本
  • 人工芝固定用U型ピン(人工芝ロールに添付されていることも)
  • 人工芝固定用両面テープ
  • 防草シート(幅1m・10m巻)×4本
  • 防草シート固定用ピン
  • 大きめの熊手
  • 大きめのカッターナイフ
  • ゴムハンマーまたは金づち
  • 軍手
  • スコップ
  • 巻き尺
  • 明るい色の油性ペン
  • トンボ(有れば)

資材と道具

工程の確認

有難い事に、人工芝の施工方法は業者さんに教えて頂けました。大まかな工程は以下の通り。1と2の「整地」が重要だそうです。

  1. 木の根や石を撤去
  2. 地面を均す
  3. 防草シートを敷く
  4. 人工芝を敷く

人工芝を敷く

1.の「木の根や石を撤去」は、庭全体の基礎土木作業として業者さんで施工済み。

2,3,4の作業は、それぞれ2時間(夫と私の2人作業)×3日。お盆の暑い時期だったので早朝に作業しました。

木の根や石を撤去

梅雨入り前、先に業者さんによる土木工事。職人さんの手作業で少しずつ掘り起こしては根を切断。大きな根株は重機で掘り起こして撤去。大きな石や、以前の庭の造作の残骸を撤去。

整地

次の作業日に重機で庭全体に転圧をかけてもらい、地固めも完了。有難い事です。職人さんに依頼した部分(砂利工事とコンクリ打設)の施工が完了後、いよいよ自分たちで人工芝張りです。

地面を均す

部分的なデコボコはスコップで手直し(トンボがあると便利)。そのあとは熊手を使って地面の石やゴミを除去。

整地

業者さんの整地のおかげで、熊手だけでキレイになりました。

防草シートを敷く

今後の草取り作業が少なくて済むように、防草シートを敷きます。防草シートは幅1m×10mのものを4本用意。継ぎ足す部分は10~20cmほど重ねていきました。

シート

地面全体を覆ったら、角や端の部分・継ぎ足した部分を、シートピンで固定していきます。

人工芝を敷く

人工芝は幅1m×10mのものを3本用意。砂利敷との境の直線部分を基準に敷いていきました。

まずは一旦敷いてみて位置合わせ。このとき人工芝の生えている向きを揃えます。あと、芝を貼る部分は正確な長方形ではないので、端に半端が出ました。半端な部分は端切れを再利用、形に合わせてカッターで切っておきました。

カッターで切るときは裏から

継ぎ足す部分や、敷く場所の境界部分は、カッターやハサミで切ります。私の場合は、カッターのほうが切り易かったです。人工芝の下地部分の裏からカッターを当てて切りました。

カット

ウチの場合は直線だけだったので、特に目印を書くことはありませんでした。曲線の多いお庭の場合は、裏側に明るい色の油性ペンで目印を書いてから切るといいかも。

人工芝の継ぎ目は重ならないように

防草シートは端が重なるように敷きましたが、人工芝は下地の端が重ならないように敷きます。重なってしまうと、継ぎ目が盛り上がってヨレてしまいます。

継ぎ目

ピッタリ並ぶのが理想ですが、多少の隙間が空いても大丈夫。重なるよりは、ほんの少し隙間(約5mm以下)が空くくらいのほうが良いです。敷いた後に、ブラシなどで芝を馴染ませると、継ぎ目は目立たなくなります。

人工芝固定用両面テープで継ぎ足し部分を固定

人工芝の位置合わせができたら、U型ピンでズレないように何箇所か仮止めしておきます。その状態で、人工芝の継ぎ目が真ん中になる位置で、人工芝固定用両面テープの片面を防草シート側に貼ります。

仮止め

両面テープの剥離紙を少しずつ剥がしながら、人工芝を両面テープに押し付けるようにして貼っていきます。

人工芝をU型ピンで固定

全部の継ぎ目を両面テープで固定できたら、継ぎ目を跨がせてU型ピンで固定します。それから、人工芝の端や角に、均等にU型ピンを打ち込んで固定していきます。

人工芝のはみ出しをカットする

最後に、人工芝のはみ出し部分をカットしたら、「敷く作業」は完了です。

仕上がり

気になる人工芝の継ぎ目ですが殆ど目立ちません。見る方向によっては判りますけどね。

※ 最後の仕上げに人工芝の上から「珪砂」を撒くこともあるそうです。珪砂の重さで捲れ防止になるとか。U型ピンで固定出来ていれば無くてもよいそうです。ウチの場合は撒きませんでした。

ゴミを片付ける

資材が大量にある、ということは、相当の梱包材や端材がゴミになります。

梱包ゴミ

あと、熊手で地面を均した時に除去した小石や礫は、一般ゴミには出せない場合があります。地域のゴミ出しルールに沿って処分します。

自力で施工する時の注意点

  • 作業は「秋・冬・春」の、気温低めの頃がおススメ。出来れば曇りの日に。ウチは止むを得ず夏に施工しましたが、夜明け前でも超暑かった。夏季は脱水状態になりかねないので止めたほうがいいです。
  • 人工芝ロールは重い!芝丈20mmの薄いものでも1ロール約20kgありました。作業は体力勝負になります。
  • しゃがむ姿勢での作業が多い。夫も私も足腰が筋肉痛で数日辛かったです。膝関節が弱い私は、左膝に炎症が出て通院する羽目に。
  • 日程は余裕を持って計画を。とにかく天候に左右されます。雨でも、晴れ過ぎても厳しい。体力温存のためにも、予備日があったほうが安全です。

費用はいかに

購入した資材を書き出してみます。

  • 人工芝:1m×10m(8,800円セール価格)×3本=26,400円
  • 防草シート:1m×10m(2,500円)×4本=10,000円
  • シートピン:50本入り1袋=1,400円
  • U型ピン:50本入り1袋=1,500円
  • 人工芝固定用両面テープ:50mm×15m巻(1,200円)×2個=2,400円

人工芝部分の見積額200,000円に対して、購入した資材の合計は41,700円。単純に言えば158,300円を節約できたことになります。

※参考までに、庭全体の「整地工事」の費用。(砂利工事とコンクリ工事は省略)

  • 切株・廃材撤去=180,000円
  • 埋め戻し+整地=31,000円
  • 廃材処分=78,000円

「整地工事」で総額289,000円。これをやっておかないと平らな庭に出来なかったんですよね…。膨大な量の根っこでした。前住者さんは庭を森にしていたようです。

仕上がりはどうだろう

念願の平らな庭が出来たけど、自分たちが施工した人工芝部分には、よく見ると失敗箇所が。

でこぼこ

コンクリート部分との境目など、何箇所かデコボコに。これくらいなら、まあいいか。

コメント