ウチの鉢バラ・ハルガスミの成長記録

2016年春、3鉢目のバラ「ハルガスミ」を迎えました。トゲが少ない種類を探していたところ、近所の店頭で手頃な価格で売られているのを見つけました。

ハルガスミはこんなバラ

ハルガスミは伊丹バラ園で作出されたツルバラ。サマースノーの枝替わりでピンク色のものです。一季咲きで、まれに返り咲くことがあるそう。

花と香りと株姿

ハルガスミの花の色は、明るいピンク。咲き進むと色が薄くなります。咲いた時期の差で、花それぞれのピンク色の濃淡が楽しいです。

蕾は先端がキリっと絞ったイチゴチョコのような三角形。花の形は「丸弁半八重咲き」。開いた花びらのフチは波打っていて、フリフリでとても可愛らしい咲き姿です。

花の大きさは約5cm前後。小ぶりの花が枝先に房咲きになります。花枝が短いので花瓶には難しいですが、花持ちが良く、雨にあたっても花形が崩れにくいので、屋外で楽しむのに好適です。

香りはティー系の微香と言われています。ウチに迎えたものは香りが薄かったのか、私には無香のように思えました。

葉は明るい緑、小ぶりでツヤがあります。枝にトゲはなくツルツル。しかし油断は禁物、葉裏と葉柄の裏には小さく鋭いトゲが。このトゲで壁面や支柱や他の木などに登っていくのかも。

株丈は100~300cmくらい。ウチの鉢植えも、3代目は200cmを超えました。

丈夫で育てやすい

ハルガスミは生育旺盛で丈夫。鉢植えもできますが、つる性の枝がよく伸びるので、地植え向きです。長めの支柱やトレリス、フェンスなど、誘引できるものが必要です。

鉢植えの場合は、冬に低めに切り詰めておけば大丈夫。低い位置からでも花茎がよく伸び、春にはこんもり葉が茂り、びっしり花を咲かせます。

病気や虫の耐性は普通。株元の葉を整理しておけば、黒星病もたまにしかでません。耐寒性・耐暑性があり、あまり手が掛からないので、初めてつるバラを育てる方におススメです。

成長記録

2016年5月、店員さんに「トゲが無くて育てやすい」と勧められ、つるバラ初挑戦。

最初に購入した株・2016年

5月、花後に勢いを失い、徐々に葉が黄変し落葉。夏の終わりに、枯れた。思い当たることが無く困惑。諦めて掘りあげたら、コガネムシ幼虫に根を食害されていた。

2代目・2018年

1月、再度店頭で購入。5号程の苗ポットの底から根が出ていて根詰まり気味の様子。購入後、根鉢を少しだけほぐして6号鉢に鉢増し。

4月、せっかく出揃った蕾が次々と黄変し脱落。開花できたのは残った3分の1程度。開花した花も、ピンクの色味は僅かで、ほぼ白。サマースノーに先祖返りしたかのよう。

6月、葉が萎れはじめ、枝にシワが出て、枯れた。コガネムシ幼虫はいなかった。根腐れのようです。今思えば、水のやりすぎ?あるいは肥料過多?

3代目・2019~2021年

2019年2月、再々度、店頭で購入。販売時の6号角ポットから、根鉢を保って6号スリット鉢(ロング)に鉢増し。この春は引越しのために切り戻して花は諦めた。

6月、6号スリット鉢(ロング)から、リッチェル8号鉢に鉢増し。大きいシュートの発生は無し。夏は手入れがほとんど出来ず、虫害で大半の葉を落とす。12月、細枝を剪定し植え替え。

2020年春、順調に芽吹き。4月、ベーサルシュートが発生。蕾も数多くついて嬉しかったけど、小さい蕾は摘み取り、半分ほどに減らした。

5月、2年ぶりの開花。残した蕾がほぼ全部咲いて嬉しい。雨に遭っても花持ち良し。夏の猛暑で株元の葉の大半が落葉。ベーサルシュートはよく伸びて2m越え。

12月、植え替え時にベーサルシュートをトレリスに誘引。

2021年春、芽吹きは順調。3月末、蕾が次々と脱落、全体の3分の1ほどに減ってしまった。

4月末、残った花は開花できたが花色が薄い。土は前年と同じ配合なのになぜ?ベーサルシュートの誘引の仕方が無理すぎてストレスになったのかな?

最初の株、2代目と、連続で失い、3代目にしてやっと、商品ラベルと同じ姿の花を見ることができました。残念ながら、せっかくのベーサルシュートの扱いは失敗だったようです。

ハルガスミ自体は樹勢もよく、店員さんが「育てやすい」と言っていたのは確かだと思います。しかし「害虫」「育て方のミス」など、外からの原因があると、残念な状況になるものです。

コメント