ウチの鉢バラ・ピンクパンサーの成長記録

2016年春、2鉢目のバラ「ピンクパンサー」を迎えました。2鉢目を選ぶとき、「バラ・病気に強い」で検索して出たバラの中から、懐かしい色のバラを選びました。

私が生まれて初めて見たバラの花の色は、明るいサーモンピンク。実家の庭に祖父が植えていたものです。生垣の榊の木に誘引されていた、今思えば風変わりな光景を覚えています。

ピンクパンサーはこんなバラ

ピンクパンサーは1981年にフランスのメイアン社で作出されたハイブリッド・ティーローズ。枝がまっすぐ伸びて自立できる木立ち樹形(ブッシュタイプ)です。四季咲き性があり、切り戻した後の新枝が伸びると次の蕾をつけます。

花と香りと株姿

ピンクパンサーの花の色は、目の覚めるようなサーモンピンク。8分開きの頃は特に鮮やかで、デジカメで撮ると色飽和するほど。咲き進むと柔らかなシルバーピンクになります。

花弁の裏側は、フチに向かって色が濃くなるグラデーションがあり、横から見ても素敵です。

花の形は「半剣弁高芯咲き」「丸弁高芯咲き」「丸弁八重咲き」「丸弁平咲き」どれも正解。花が全開になると「ロゼット咲き」のような「芍薬咲き」のようにもなります。咲き方には個体差があり、時間の経過とともに咲き姿も変わっていきます。

花の大きさは約8cm~13cm、大輪になります。まっすぐ伸びた枝先に上向きに咲きます。花持ちが良く、雨にあたらなければ全開から7~10日は綺麗な咲き姿を保ちます。

香りは甘めの紅茶の感じ。僅かにフルーツ香があります。私の印象ではアップルティーの香りに近いと思います。香りの強さは中香、花に近づくとフワリと漂ってきます。

葉は若葉の頃は赤くてシワシワ、展開すると深緑になります。葉の形は丸くて大きく、ツヤのある皮シボのような質感です。

トゲは野性味のあるゴツいものですが扱いは難しくありません。若い枝だと鮮やかな赤色になることも。株丈は100~180cmくらい。ウチでは鉢植えで60~120cmくらいで育てています。

丈夫で育てやすい

ピンクパンサーは生育旺盛でとても丈夫。日陰にも強く、鉢植えでも地植えでも楽しめます。耐寒性・耐暑性にも優れていて、ウドンコ病や黒星病などの病気にも強いため、手が掛かりません。初めてバラを育てる方におススメです。

樹勢が強いので、出来れば地植えがいいと思います。また、まっすぐ伸びて自立できるので、支柱は枝が若い時だけで十分。横に広がり過ぎないので場所を取らず、ベランダなど狭いところで鉢植えで育てるのにも向いています。

成長記録

2016年の春、大手通販サイトで開花株を購入。箱は1m近い長尺で届き、見事に茂った株には膨らんだ蕾が10個ほど。このバラが開花したときの写真はごくわずか。

2016~2017年

購入時の花が終わった元株は、最初の夏越し。年末の植え替え、冬剪定。

翌2017年6月、春花後の枝で挿し木苗を1本、10月にも秋花後の枝で挿し木苗を1本作りました。(※挿し木はウチで楽しむ分だけ作ります)。

12月、元株の植え替え時に太い根を折る失敗。折れた部分を洗浄後、殺菌ペーストで対処。

2018年

前年に作った挿木苗は、2株とも順調。スリット(ロング)の5号鉢に鉢増し。

12月、元株の植え替え。昨年太い根を折った箇所に癌腫ができていたため廃棄。

2019~2021年

2019年の春は引越しのために切り戻して花は諦め、夏は手入れがほとんど出来ず。枯れずにいてくれてよかった。

2020年の春、挿し木苗が初めて開花。枝の数だけ蕾を付けていたけど、半分は摘蕾。1株当たり2個を咲かせました。

7月、挿し木苗にそれぞれベーサルシュートとサイドシュートが発生。

この濃いピンクのベーサルシュート、細身のネコ科動物のようにも見える?これがピンクパンサーの名の由来かもしれない。

2021年の春。挿木株は2株とも順調、株丈も約80cmに。それぞれ蕾を4個ずつ残して、後は摘蕾。

元株を失ったのは残念だったけど、挿木株が2株とも、花火のように立派な花を咲かせてくれた。今年は枝に咲かせて、花が散るまでじっくり楽しみました。

コメント