ウチの鉢バラ・アブラハムダービーの成長記録

2016年末、4鉢目のバラ「アブラハムダービー」を迎えました。4鉢目を選ぶときに気に掛けたのは「フルーツ香」がある品種。

バラの香りというと、芳香剤のローズ香や、紅茶の香りに似たものだと思っていました。フルーツ系の香りのバラがあると知って興味が湧き、強香と評判のものを迎えました。

アブラハムダービーはこんなバラ

アブラハムダービーはデビッド・オースチン氏により1985年に作出されたイングリッシュローズ。強いフルーツ香があります。樹勢が強く、枝はしなやかで良く伸びます。半つる樹形(シュラブ)で、四季咲き性があり、よく返り咲きます。

素敵な品種なのに、デビッド・オースチン公式サイトにはもう名前が無いのが寂しいところです。

花と香りと株姿

アブラハムダービーの花の色は、ピンク・アプリコット・オレンジ・イエローの複色。ひとことで何色と表現するのが難しい、独特の色合いです。蕾の頃はイエロー地にピンクとオレンジのマーブル模様が美しいです。

咲き進むと、花の周囲はコーラルピンク、中心部はアプリコット~オレンジ、裏は黄色のグラデーション。咲き終わりには少し退色し、ベージュ・モーブ・黄色が入り混じった、アンティークな色味になります。最後はバサッと花弁が落ち、散る時まで美しいのです。

花の形は「カップ咲き」からの「ロゼット咲き」。華やかな印象です。花の大きさは約10cm~13cmの大輪。花が開くにつれ、花の重みで俯いて咲くことが多いです。花持ちが良く、切り花でも1週間くらい持ちます。雨にも案外強いです。

香りは強いフルーツ香で、私の印象では桃の香りに近いと思います。花まで少し距離があってもフワリと漂ってきます。摘んで室内に飾ると、部屋中が良い香りに満たされます。

葉は若葉の頃は赤茶色。若く勢いのある葉にはツヤがあります。葉が展開すると鮮やかな緑に。若い花枝は、樹勢や気候によっては、鮮やかなバラ色になることがあります。トゲは大きめで鋭いですが密集はしないので、案外扱いやすいです。

樹形は「シュラブ」と呼ばれる、半つるタイプ。やや横張りな枝は、しなやかで良く伸びます。長く伸ばせばツルばらとして扱えます。株丈は約100~200cm。ウチでは鉢植えで60~150cmほど、適宜支柱を添えて育てています。

丈夫で育てやすい

アブラハムダービーは生育旺盛でとても丈夫。日陰にも強く、鉢植えでも地植えでも楽しめます。耐病性は普通、ウドンコ病には強いです。耐寒性・耐暑性に優れているので、初めてバラを育てる方におススメです。

自立は出来るけど枝がしなやかなため、伸びると撓んできます。地植えでスペースに余裕があれば、自然な姿やフェンスに誘引して楽しめそうです。ベランダなど狭いところでの鉢植えなら、オベリスクや小型のドーム支柱、棒状の支柱を組み合わせても支えられます。

成長記録

2016年の12月、大手通販サイトで大苗を購入。片側に3本の枝が偏って伸び、枝は傷だらけ、という風変わりな姿で届きました。

2017年

5月、元株の最初の花は5個。8分開きごろから香りが漂い始め、部屋で香りを楽しみたくて、次々とカット。案内に書かれてあった通りのフルーツ香にうっとり。毎日甲斐々々しく水を替えて、1週間ほど楽しめました。

6月、元株の花後の枝を挿し木に。(※挿し木はウチで楽しむ分だけ作ります)。用土ではなく、ロックウールを使用。2本が発根、7月には赤玉小粒を入れたスリット鉢4号(ロング)に鉢上げ。見分けるために、A株・B株としました。

9月、挿し木苗の株丈はA株が約40cm、B株が約30cm。成長に差が出てきました。それぞれスリット鉢5号(ロング)に、培養土を足して鉢増し。

10月、挿木A株の丈は約50cmを超え、早々と蕾を3個付けました。摘蕾しようかと思ったけど、樹勢が良いので咲かせることに。花の大きさは約8cm。小ぶりながら、鮮やかな発色、濃い香り。挿木B株には蕾は付かず。枯れずにいてくれたらOK。元株は摘蕾。

12月、土替えと鉢増し。元株は購入時の6L角鉢はそのまま、土替えで。挿木苗は培養土を足してスリット鉢6号(ロング)に鉢増し。

2018年

4月末、元株が開花。花の数は6個、商品ラベルとほぼ同じ咲き姿が見られて感無量。8分開きで摘んで、室内で色と香りを楽しみました。挿木苗は2株とも、全部摘蕾。株の充実優先としました。

6月、元株はリッチェル8号鉢に鉢増し。

2019年

2019年の春は引越しのために切り戻して、3株とも花は諦めました。引越し後、樹勢が回復したので、梅雨入り前に鉢増し。元株はリッチェル10号鉢に、挿し木苗は8号鉢に。

夏以降は手入れがほとんど出来ず。枯れずにいてくれてよかった。

2020年

5月、前年のダメージのせいか、3株とも蕾は少なめ。元株は蕾を半分に減らして4個、挿木Aは2個、挿木Bは6個。

10月、元株と挿木Bは、それぞれ蕾が3個。挿木Aは樹勢が弱り蕾も付かず。黒星病も出て残念。

12月、植え替え時、挿木Aに癌腫病とコガネムシ幼虫の食害が発覚。弱っていたのはこのせいだった。残念だけど、挿木Aとはお別れ。

2021年

5月、元株には蕾が11個。挿木Bは6個。充実した美しい花がたくさん咲きました。

昨年末に挿木Aを失ったのは残念な事でした。元株と挿木Bは2株とも樹勢は上々。自由過ぎるほどの横広がり。今年は早めの花摘みはせず、そのまま枝に咲かせました。

コメント