ベランダの鉢バラの台風対策・防風ネットを使って株を保護

鉢植えの植物にとって、夏の一番の困りごとは台風。ベランダの場合、鉢や資材が強風で飛ばされると、階下や近隣の方に迷惑を掛けてしまいます。台風の予報が出たら早めの対策を。

以下は、以前の住まいのベランダでの台風対策の記録です(個人宅での試行錯誤なので、参考にされる場合は自己責任で)。

100均の防風ネットや袋状ネットを使って鉢を保護

100円ショップの資材とは有難いもので、防風ネットなどの資材も余らない程度のサイズで売っていて本当に助かります。

防風ネット

花台は可能であれば畳み、鉢や資材も防風ネットで包み、窓から離した低い位置にまとめて置くと良さそうです。防風ネットは飛ばされないよう重しをするか、頑丈な構造部に紐で固定するといいかもしれません。

小型の鉢や花台はシート状のネットで全体を覆う

花台や株のサイズ、置き方によって違ってくると思いますが、ベランダで使うには1m×2mくらいのシート状の防風ネットが便利です。

当時のウチの花台は、廃材や塩ビ管とメッシュパネルで自作した畳めないもの。大きさは全体で1m×1.5m。カバーできるように1m×2mの防風ネットを2枚継ぎ足して使いました。

強風対策

株を痛めない程度に全体をネットで覆い、端を花台の下で固定。覆ったネットにPP紐や麻紐等を適宜掛けて、ベランダの手すりや配管などに固定。資材やコンテナも、まとめて覆って固定。

大型の鉢は袋状ネットで1株ずつ覆う

背の高い大型の鉢は、予め倒しておくのが安全です。しかし、倒した鉢を全部並べられる広さのベランダかどうかは物件しだい。鉢土がこぼれないよう鉢面を覆う工夫も必要。ウチのベランダは広くは無かったので、鉢を倒さずに株を保護することにしました。

そこで、大型の株の保護に100均の袋状回収ネットを使ってみることに。回収ネットの大サイズは、ダイソーだと60cm×100cm。使える株の高さは100cm位まで。それより大きい株は、1枚もののネットを巻き付けて紐で留めると良いかも。

株に被せ易くするために、ネット袋の片脇をカット。被せたら、添付の口紐で裾を絞って固定。中間部分はネットが開いていてモタつくので、紐を巻いて締め付けました。

強風対策

ベランダの手すり側に、ネットで覆った鉢を並べて全体に紐を掛け、手すりと物干し金具のベース部分に固定。この状態で台風が過ぎ去るのを待ちました。

室内の空きスペースに鉢を避難させる

非常に強い台風の場合、いろいろ工夫して固定していても、想定外の突風が吹けばモノが飛ばされる可能性は大いにあります。

もし、室内に空きスペースがあれば、そこに鉢を移動させると安全です。ただし土が入っている物なので、多少の工夫が必要。株が大きければ相当の場所を占めることになります。

床には防水対策、鉢には水漏れ対策を

可能であれば、玄関や浴室に置くのがいいです。土で汚れても掃除がしやすいので。リビングなど居室の空きスペースに置く場合は、防水性のシートを敷いて水漏れと汚れ対策をします。

当時のウチの場合、玄関と浴室に置けなかった鉢は、ベランダ隣接の部屋に置きました。床にブルーシートを敷き、さらに汚れと水分を受ける新聞紙も。鉢には鉢皿に加えて再利用のビニール袋などを履かせて、漏れる水を受けられるようにしました。

鉢を室内に

室内は鉢だけで空きスペースを使い切ってしまいました。部屋は湿度が上がって困惑。エアコン弱風で除湿、台風が過ぎるまでの辛抱。

強風対策

資材類はベランダで、一か所に集めてシート状の防風ネットで花台ごと包んで配管に固定。飛ばされないよう祈るのみ。

台風が過ぎたら片付け

台風が過ぎたら、それぞれ元通りに置き直すのですが…これがまた面倒。黙々と防風ネットを解き、敷いた物を片付け、ゴミは分別して処分。鉢を元の配置に戻し、ベランダを散水掃除。

防風ネットは散水で軽く濯いで乾かして保管。台風シーズン中は繰り返し使いました。

株には散水、部屋は換気

台風が吹き荒らした風には、土埃や病害虫も混ざっています。そして困るのが、塩害。台風が海上にあるときに海水を巻き上げるため、雨水に塩分が含まれているそうです。海辺だけでなく内陸でも、塩害は起こり得ます。

ベランダの散水掃除の際に、株や鉢にも散水して土埃と塩分を流します。

散水で洗浄

乾いたら、虫や病気に対応した薬剤を散布します。

室内に鉢を置いていた場合は株への散水は不要。鉢を室外に出したら十分に部屋の換気をします。

被害は最小限で安堵

2018年は上記のような対策をすること3回。転倒や枝折れは無く、トゲで葉に穴が開いたり、葉が捩れて黒ずんだりした程度で済みました。

強風で痛んだ葉

鉢バラに台風の備えをするのは、手間が掛かって面倒です。それでも秋や春に花が見られることを楽しみに、黙々と作業します。

コメント