鉢バラの冬剪定(2019)春の芽吹きに備えて枝を整理する

年末の植え替えから約1カ月後の1月末、冬剪定をしました。予定では2月初めのつもりでしたが、少し早めに済ませました。

バラの芽吹き

冬剪定の必要性と時期

バラが休眠中の冬に行う剪定は、古い枝や余分な枝を整理するための作業です。樹形を整え、風通しをよくします。また、適宜切り戻すことで芽吹きも促されます。

冬剪定に適した時期は、12月~2月。2月を過ぎる頃には芽が動き始め、根の活動も活発になります。株が活動を始めてから深く切ると、株はダメージを受けてしまいます。

剪定するときのポイント

冬剪定をする場合、以下の事に気を付けると無理なく作業できます。

  • 剪定の2週間前までに葉を除去 → 株の休眠を促す、枝や芽の状況が分かりやすくなる
  • 良く切れる剪定ばさみを使う → 切口がきれいで雑菌が入りにくい、枝への負担を軽減
  • 太い枝の切口には癒合剤を塗る → 切口を保護し、雑菌の侵入を防ぐ
  • 細い枝や、枯れた枝、内側に混みあった枝を切る → 風通しを良くして病気予防
  • つるバラは剪定後に誘引 → 水平気味に誘引することで、枝全体から芽吹きやすくなる
  • 若い挿し木苗は浅めに剪定する → 株自体が小さいので、余力を保つ

切る位置や、切り方には諸説

切る位置や切り方について、メディアでは様々な説があふれています。数多の研究や経験則の賜物なので有難く参考にしています。けれど、経験の浅い私は毎度々々迷うばかり。迷った結果、

  • 切る位置は「好みの姿に伸びそうな位置の、良い芽の上5~10mmで切る。」
  • 切り方は「芽に沿って斜めに切っても良いし、水平に切っても良い。」
剪定後の芽吹き

この大雑把さでも、それなりに芽吹いて育ち、花も咲きました。

剪定後に施肥

冬剪定後、少し時間をおいて施肥します( 芽出し肥とも言われます )。肥料焼けしないように緩効性肥料を。今時は店頭でもネット通販でも多様な商品があります。土の上に置くものや、土の表面に撒くもの、混ぜ込むものなど。ご自身の方針や株の状態に合ったものを選びましょう。

ウチのバラの冬剪定

葉をむしる作業と植え替えは、年末前に済ませておきました。

ウチのバラ達も2~4年目となり、丈も存分に伸びてくれそうです。次シーズンにはいろいろな方法で仕立てを試せると楽しみにしています。

オールドローズとイングリッシュローズ2種

ウチにあるオールドローズはラレーヌビクトリア。秋の好天で、良く伸びた枝は1.5mを越えていました。長い支柱を買って緩い螺旋巻きにして待機中。

バラの冬剪定

イングリッシュローズ2種は、アブラハムダービーとセプタードアイル。元株も、挿し木の4株もよく伸びます。元の長さの半分くらいに切りました。

小柄な挿し木苗

挿し木苗の3種(パシュミナ、ピンクパンサー、ゴールデンボーダー )はまだ小柄です。芽吹きに備えての剪定は、ごく浅く、枝の高さを整える程度にしました。株の勢いを削ぐといけないので、あまり切らずにおきます。

バラの冬剪定

例外的に、秋に超徒長したパシュミナの2株は、3分の1くらいにバッサリ切りました。脇の芽が伸びて、樹形のバランスが整うのを期待します。

徒長したバラの冬剪定

数日後に芽出し肥を施して、あとは春を待つばかりです。

コメント