鉢バラ冬剪定後・切り口から漏れた樹液に黒カビが!

冬剪定を終え、防虫薬剤と芽出し肥も施し、芽吹きが始まった2月下旬。晴天続きで久しぶりの水やりをした朝、鉢バラの枝先に異変が起きているのに気付きました。

冬剪定した切り口に黒いカビが生えていた

冬剪定で枝を整理し、残した枝先の幾つかに、フッサリと黒いカビが!

一株あたり概ね2、3本くらい、剪定した枝の切り口にカビが生えていた。なぜこうなった!?こんな状態、初めて見ました。

もちろん、綺麗に乾燥できたり、癒合剤でうまく塞げた切り口もあります。それらにはカビは生えていません。

カビが生えた枝に共通すること

カビが生えた枝を観察すると、切り口のすぐ下の樹皮に、筋状に白い粉が付いていました。

カイガラムシが発生したのかと思ったけど、ちょっと違う感じ。粉の部分は、塩水が乾いた後に残った塩のような感じ。爪楊枝でそっと触ると、ハラハラと灰のように剥がれます。

おそらくこれは、冬剪定した切り口から流れ出た、樹液が乾いたものと思われます。粉になって残ったのは、吸い上げた水分に含まれた、ミネラルなどの栄養分なのでしょう。

冬剪定後の切り口から樹液が漏れる原因

「樹液が漏れる」ということは、「枝が活動していて水分を吸い上げている」ということ。休眠しているはずの真冬に冬剪定したのに、なぜ活動していたのだろう?

通常、冬季のバラには、あまり水遣りはしなくても大丈夫。軒のある集合住宅のベランダで育てていた時は、冬季の水遣りは月に2~4回くらい。今は屋根無し屋外土間のため、雨や雪の水分で十分なので、水遣り不要。晴天が長続きした時だけ水遣りします。

冬剪定した直後の切り口は、樹液が多少漏れても、乾燥した冬の空気にあたれば、割とすぐ乾いて塞がるものです。太めの枝だと切り口に癒合剤を塗ることもありますが、大抵すぐ乾きます。

ウチの鉢バラ限定で思い当たること

もしかしたら、今冬の気候が原因かもしれない。雪が降るほど低温の日と、20度近くまで高温になる日が、繰り返しあったような。そして、雨の日も多かったような。

低温で休眠していた株が、時ならぬ高温でうっかり活動してしまったのかな?雨も多かったので、いつもの冬より多く水分を吸い上げてしまったのかも。

今冬の枝と切り口をよく見てみると、樹液が漏れて雫が垂れている枝、樹液が乾いてできた白い筋も多数。一度は乾いた癒合剤の膜が樹液でフヤけて剥がれたものさえありました。

漏れた樹液は栄養豊富。季節外れの高温で、その辺に居るカビ菌の発生条件が揃って、あっという間に大発生。そんな状況になったのかもしれません。

カビを除去する

冬剪定した切り口にカビが生えたのは残念。けれど、その部分以外は意外と影響なし。動き始めた新芽も勢いがあります。だけど、放っておく訳にはいかない。

枝に長さがあれば切り戻し、切れない部分ならカビを除去。そして殺菌効果のある薬剤を散布します。切り口や薬剤が乾きやすい、乾燥した晴天の日にカビ除去作業しました。

長さに余裕がある枝は切り戻す

去年出たベーサルシュートの切り口にもカビ発生。悲し過ぎる。

除去する部分のすぐ下の芽の上で切り戻しました。作業した日が晴天だったこともあり、切り口はすぐに乾きました。他の株の発生枝も、長さに余裕があれば切り戻し。切り口に癒合剤を塗るか迷ったけど、半数は塗らずに様子を見ることに。あと半数は塗ってみました。

切れない部分はカビを除去

残した分岐部分にカビ発生。

分岐部分には芽のモトが多くあり、良い芽が伸び始めていました。ここは切り戻せないので、出来る範囲でカビを除去。爪楊枝、綿棒などを使って、カビの塊を除去。

カビを除去したら薬剤散布

発生したカビの種類は分からない。正直、どの薬剤がいいか分からず困惑。カビ菌に対応できるのは、「黒星病やウドンコ病に効くもの」と判断。その時ウチにあった薬剤で使えそうなのは「カダンプラスDX」。これから芽吹く新芽の防虫も兼ねて使ってみました。

カビ除去作業から1か月後

切り戻した部分は、どれも切り口が無事塞がり、樹液漏れはありませんでした。切り戻せずカビ除去だけした部分も、色の黒ずみは残ったものの再発生はごく僅か。

あくまで今回のウチのケースですが、カビ除去作業時に空気が乾燥していたことや、その後に動き出した新芽に水分が回った様子で、樹液漏れが止まったのかな、と思います。

順調に芽が育ち、春にたくさん咲いてくれるのを楽しみにしています。

コメント