約1畳の撮影スペース・ウチのバラを撮ってみた・使える時間は短い

2020年春、ウチのバラの1番花。無事に咲いてくれて感無量。もう「記念写真」を撮るしかない。

撮影に使える時間はごく僅か

開花期間は約2週間。その日の諸事を済ませたら撮ります。準備から片付けまで1時間以内。

用意したもの

  • 被写体(その日のバラ)
  • カメラ(キットレンズ、マクロレンズ)
  • 3脚、リモコンシャッター
  • スチロールボード(白、水色)
  • 木目の机、木目のお盆、収納スツール

運と成り行き、とにかく撮る

できることなら、ある程度の撮影プランを考えてから撮ったほうがいいのです。そこは時間の無さからの勢い。窓辺の光を探りながら、天気の運に任せて撮りました。

明るさ設定を間違えた

1回目。この日の朝に摘んだバラを撮ってみました。初々しい感じを撮りたい。

補正前の写真

しまった、カメラの明るさ設定を直していなかった(涙)暗くて怪しげ。せっかくの1回目の写真だし、ダメもとで補正。

補正後の写真

右のアップの写真、微妙な中間色を復元、難しい。最初の暗い失敗作のほうが好きかも。

品種それぞれの記念写真

2回目。品種ごとに撮ってみました。どのバラも愛おしい。

品種ごとの記念写真

せっかくなので集合写真。暑苦しいボーダーにしてみました。

集合写真

出遅れて直射の逆光に

3回目。好天なのはいいけれど、15時を過ぎると日が傾き、直射の逆光に。カーテンのレース模様の影が机に落ちてしまった。残念。

逆光で失敗

遮光カーテンを半分閉めて、外光が横から入るように。白ボードをレフ板代わりに。シーリングライトも点けてみた。平凡なフワッとした感じになった。嫌いじゃない。

咲き姿の変化

4回目。イングリッシュローズの5分開きと9分開き。同じバラを2日に分けて撮りました。

5分咲きと9分咲き

5分開きは初々しい、背景は机の木目で。9分開きは華やか、背景は水色ボード。雰囲気を変えてみました。

カラーボードでブーケ風

5回目。素材サイトでよく見かける、斜め上に花を配置した撮り方を試してみました。水色ボードを使い、花はウチのパシュミナを使ってみました。しかしこれが難点だらけ。

反省点

パシュミナはカップ咲き。花はフチが高く中心は窪んでいて、接写だと焦点の位置が難しい。房咲きで花茎が短く、自家栽培だと花の質にもバラツキがあり、モデルになりにくい。

花が萎れないよう切口を保湿。主役はどの花か。どう組み合わせるか。光源はどこから?背景色は?カメラ位置は?絞りとか焦点とか?いかに準備が重要か、よくわかりました。

店頭の切花の美しさの価値、育種家さんや花卉農家さんの凄さを再認識。そして人気のクリエイターさんの技術とセンスに尊敬の気持ちが沸いてきます。

2番花はスキマ時間で撮影

6回目。2番花は諦めて摘蕾する予定が、気付いた時にはイングリッシュローズ2輪が開花寸前。翌朝には好みの9分開きになりそう。しかし翌日は用事、撮れるのは朝のスキマ時間のみ。

翌日の朝。机を動かす時間は無し、勢いで収納スツールの上に木目のお盆。その上に、前日に活けておいたバラを置いてみた。3脚もレフ板も無し。花の中心の色が濃いので、逆光だと真っ黒になりそう、横からの光を探りながら撮影。準備から片付けまで、使った時間は10分。

手近にある物で

翌々日、PCで開いてみました。カーテン越しの曇りの自然光、レフ板を使わなかったこともあって、全体も手前もひんやり暗め。少し温かみが出るよう、LightRoomで補正。

補正前と補正後

折しも写真ACで「家の中で撮影した写真」の作品募集中。需要は無さそうだけど「ウチで最速で撮った記念」で投稿しました。

春バラ終わった 秋バラが待ち遠しい

これでウチの2020年の春バラ写真は終わり。改めて自分の技術の拙さに脱力。可愛いバラ達に稽古をつけてもらった感じです。なにはともあれ楽しかった。次は秋バラ撮れるかな。

約1畳の撮影スペースを確保・お気に入りの鉱物を撮ってみた
ここのところ、風景写真を撮りに行くのが難しい状況。ならば室内で撮れる工夫をしようかと。お気に入りの鉱物を撮ればモチベーションも上がるかも。そのままで綺麗な人工ビスマス結晶とアメジストクラスターを撮ってみました。

鉱物の写真も楽しいですよ。

コメント