nodoka

写真雑記

約1畳の撮影スペース・ウチのバラを撮ってみた・使える時間は短い

ウチの春バラの1番花。無事に咲いてくれて感無量。もう「記念写真」を撮るしかない。準備から片付けまで1時間以内。窓辺の光を探りながら天気の運に任せて撮りました。
日々雑記

鉢バラが開花・2020年春の1番花・早めに摘んで部屋に飾る

うっかり良い新芽を痛めたり、恐る恐る追肥したり、虫予防をしたり。なんとか蕾が育ち、どうにか開花を迎えました。開花から約2週間、次々摘んで飾ります。手間は掛かるけど、楽しい。
植物雑記

春の開花が待ち遠しい・鉢バラの追肥と出開き摘みと摘蕾

3月初めにはウチの鉢バラ達も一斉に芽吹きを開始。芽かきをして新芽を少し整理した後は開花に備えた手入れをします。
植物雑記

鉢バラが一斉に芽吹きを開始・芽かきは状況しだい

1月中旬に冬剪定、2月末に芽出し肥。そして3月初め、鉢バラ達が一斉に芽吹きを開始。寒々としていた庭先に、少しずつ緑が増えてきました。混み合って生えてきたら、必要に応じて「芽かき」をします。
植物雑記

鉢バラの冬剪定2020枯れた枝や混み合った枝は切る

さて困った。昨年の新枝は細枝ばかりでどれも貧弱。弱そうな枝を除去したら一昨年の枝ばかりが残りました。仕方がない、古い枝の芽を頼るしかありません。結果、どの株も高さ30cm前後の強剪定となりました。
植物雑記

鉢バラの冬越し2019-20栄養不足の株は土替えして植え直す

今季のウチのバラ達はどれも残念な状態。生育も停滞気味、枝の色もさえなくて心配。鉢増しは無理そう、植え替えと言うよりは「土替え」で、元の鉢に植え直します。
日々雑記

前頭側頭型認知症・患者と家族の症状・薬と相談と記録は大切

前頭側頭型認知症は行動に異変が起こることが特徴です。一つの症状が出ることもあれば幾つか複合して出ることも。義母の症状と家族の症状、薬と相談と記録について書いています。
日々雑記

要介護認定前の準備・記録と健診とMRI・義母の気持ちが切ない

前頭側頭型認知症の可能性を指摘された義母。何か手立てが必要と確信してから要介護認定まで、半年かかりました。敢えて出来事を時系列で記録。本人の状態に合わせて進めていった実例として参考になれば幸いです。
日々雑記

前頭側頭型認知症は高齢者だけでなく働き盛りの若年層にも起こる

皆さんに知ってほしい。認知症は高齢者だけでなく働き盛りの若年層~中高年にも起こります。特に64歳以前に発症した認知症のことは「若年性認知症」と呼ばれます。ここでは【前頭側頭型認知症】について書いていきます。
日々雑記

義母に起きた異変・前頭側頭型認知症と判明、介護認定を申請する

引越しを決めた理由は夫の転勤だけではありませんでした。約1年前から義母の様子に異変が現れていたのです。健診で指摘されたのは「前頭側頭型認知症」でした。